健康住宅の話

住宅の換気について考える

450327

住宅における、換気システムには第1種・第2種・第3種とあります。

①第1種換気⇒『機械吸気⇒機械排気』

②第2種換気⇒『機械吸気⇒自然排気』

③第3種換気⇒『自然吸気⇒機械排気』

 

それぞれに特徴がありますが・・・今の時代インターネットで調べればこれらの特徴はすぐにでてきますのでここでは省略させていただきます。

さて、24時間換気システムは2003年の建築基準法の改正により設置が義務化されました。

ですので、今ではどの住宅にも何かしらの換気システムが採用され設置されています。

上記のような換気システムで外気を取り込み、内気を排出するとなってくると、冬場の冷たい空気や梅雨時期の湿った空気を室内に取り込むことになる、とも言い換えることができます。

そうなってくると、今度は流入してくる空気を機械的に調整して室内に取り込む(全館空調システム)という仕組みもよく見受けます。

 

さて、そんな中で今日はお手入れのお話です。

エアコンや空気清浄器などをお使いの方もいらっしゃるかと思いますが、それらと同様に換気システムについているフィルターのお掃除はされていますか??

割と忘れがちかもしれませんね^^;

 

交換用のフィルターは取り付けてある吸気口などの型番を調べれば、インターネットやホームセンターなどにて購入可能です。汎用型もあります。

外部環境や住宅事情にもよりますが、1年に一度の大掃除の時などに、フィルター部分の点検などをされることをお勧めしています。

 

先ほども少し触れましたが、全館空調システムなどを採用されているビルダーさんもたくさんありますが、

そういった場合は、フィルターだけでなく、配管ダクトなどの清掃も必須なんです。

空調システムのダクトの汚れは、普段見えないだけで実は非常にほこりやカビのたまり場になっています。

全館空調システムと聞くと非常に前衛的で快適なイメージを持ちますが、お手入れが行き届いてないと喘息やアトピーの原因にもなりえます。

スパイラルダクト清掃前-1-300x185 ダクトの汚れ 換気ダクト清掃前-300x198

できることならば、複雑でない簡易的な換気システムで、お手入れの手間を最小限にしながら、

よりよい空気環境を維持していきたいものですよね!

 

あまりにも機械頼りにならないような、そんな家づくりをしていかなければならないなと思う、今日この頃です。

 

 

<写真は渋谷ダクトサービス様HP参照:https://www.shibuya-duct-service.com/>


image
お問い合わせで無料
プレゼント中!

お問い合わせで、「医師が薦める本物の健康住宅」最新号をプレゼント!
お電話の場合は、必ず「本を送ってください」とお伝えください。もちろん資料請求のみでもOKです!

無料相談は今すぐこちらから!

  • お電話で問い合わせ tel
  • メールでお問い合わせ お問い合わせ
  • LINEトークでお問い合わせ LINE
住まいる工房
  • 本社 東広島

    〒739-0024
    広島県東広島市西条町御薗宇718-31
    TEL 082-431-3700
    FAX 082-431-3725
  • 福山営業所

    〒720-0077
    広島県福山市南本庄3丁目7-7
    TEL 084-999-2588
    FAX 084-999-2587
  • 岡山営業所

    〒701-0133
    岡山県岡山市北区花尻あかね町8番地107-103
    TEL 086-250-9155
    FAX 086-250-9156
  • シェアする! facebook twitter line
  • © Copyright 住まいる工房株式会社 All Rights Reserved.
  • tel
  • お問い合わせ
  • LINE
  • 上へ戻る